晴れた日にはベランダでお茶を

よく晴れた日に、ベランダに干した洗濯物を眺めながらお茶を飲むのが私の至福の時間です。

昨年まで暮らしていた夫の実家を改造した二世帯住居には、私たちの居住スペースには洗濯物を干せる場所がありませんでした。

姑はそもそも洗濯もあまりしない人でしたが、嫁いだ家には布団を干すだとか洗濯物を干すだとかの概念がありませんでした。

だいたいがクリーニングにまかせか、ちょっとした洗濯物は全て乾燥機を使っていました。

私の母は洗濯が大好きな人で、晴れた日には一日中洗濯機が忙しく回っていたし、よく干された布団はお日様のにおいがして大好きでした。

だからお嫁に来た時、洗濯があまりできない、洗濯物も布団も干せないという環境にストレスが溜まりました。

子供を産んでからは尚更その環境がつらくて、まあいろいろあって、今のアパートに家族で引っ越してきました。

小さいながらもベランダがあって、今日みたいによく晴れた日には洗濯物も布団も干せます。

真っ白に洗った幼稚園の上履きや体操着がお日様にあたる様子を見ているだけで、幸せな気持ちになります。

ポカポカ陽気の中で、時間を忘れてただひたすら風にそよぐ洗濯物を眺めながらお茶を飲むのが今の私の最高の贅沢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です